永代供養

2019年06月27日

御影石造り 聖観音プレート葬 オープン

御影石造り 聖観音プレート葬 オープン

この度、印旛のもりに聖観音プレート葬がオープンしました。

御影石造りの 観音様を戴き、観音様のお膝元で観音様に見守られて永眠する、素晴らしいお墓です。

 

【お値段】

■御一霊位様  \150,000円
■1区画    \ 500,000円(10霊位様)

 

  • 墓仕舞いをお考えの方に
  • これからのお墓として

 

こころ成仏 印旛のもり 御影石造り聖観音プレート葬 是非ご覧ください。


これからのお墓として是非ご検討ください。


印旛のもり プレート葬は お寺が供養管理する安心のお墓です。
お寺が永遠に見守り、供養管理するので安心です。
また、永代供養墓なので、後の費用負担はありません。
プレート葬も、樹木葬同様に、"最後は土に還る"、をコンセプトに作りましたので、埋葬後に移転したり、合葬したりは致しません。

そして、他の霊園のように13回忌、33回忌が過ぎたので!
取り出して、他に移つしたり、合祀合葬するようなことはありません。

安心のお墓です。 良く見て、聞いて 納得の行くまで・・・


近年、永代供養墓や納骨堂などで永代供養といいますが、三十三回忌が過ぎると永代供養墓や納骨堂から取り出して墓地の片隅の無縁墓に合葬したり、遠く山奥のお寺の無縁墓地に合葬したり、海や山に散骨して、永代供養墓や納骨堂を再度、売り出して回転を良くするといった話をよく聞きます。

いくら死んだ後のことと言っても、自分の入るお墓がどうなっているのか、どのくらいの時間が経ったらどうなるのか?と言ったことなど調べておかないと、いくら死んだ後のことだと云っても、何処に引越し、どう扱われて行くのかわかりません。

今、自分が元気で何でもよく分かる時に、しっかりと自分で決めておく。人任せ、業者任せでは、鴨ネギになってしまいます。

近年、お葬式もやらない人が多くなっていますが、お葬式をやらなくても、火葬に付すと、ご遺骨が残ります。

最後の最後、ご遺骨を埋葬し、いずれ土に還す。この弔い方が一番良いのではないかと私達は考えます。

太古の昔から人が亡くなると、土を掘って土の中に埋葬し、"もう土に還っいてるよ"と思いこころが成仏するものと思われます。


最近JRの電車の中の荷物棚にご遺骨の入った骨箱を忘れたように
置いて行ったり、高速道路のサービスエリアの休憩所にそっと置いて帰ったり、ご遺骨の処分に困ってアパートの押入れに置いたまま
引っ越したりされる人が多く見られるようになりました。


このようにご遺骨を遺棄するようではいけません。

縁があって身内になり、縁があって、喪主になり、ご遺骨まで面倒を見るようになったら神様から授かった仕事と思い、真心込めて
きちんと埋葬して成仏していただきましょう。

当 永遠の会 "こもれび" ではお墓のない方や、墓仕舞いを
お考えの方、後継者のいない方、子供や家族に負担や迷惑を掛けたくない方などなど、ご葬儀、お墓、ご供養でお悩みの方々に
こころ成仏を願い祈りお手伝いをさせていただいております。
困ったことがありましたらお気軽にご相談、お問い合わせください。

永遠の会、こもれび では
去り逝く人も、見送る人も こころ成仏に
供養する人達にしあわせが来るようにお手伝いいたします。

何なりとご相談ください。

 

▲画像クリックで拡大

▲画像クリックで拡大

前に戻る